スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

画像/鳥取県琴浦町の名所

 
鳥取県琴浦町の名所



 

琴浦町の桜の名所(上法万の山桜・赤碕牧場・八橋一畑公園・東伯総合公園・白鳳館 )⇒ あじさい公園
⇒ 船上山 ⇒ 大山滝 ⇒ ポート赤碕・風の丘 ⇒ 八橋城跡 ⇒ 狐塚古墳 ⇒ 斎尾廃寺跡 
⇒ 伯耆の大シイ ⇒転法輪寺 ⇒ 花見潟墓地 ⇒ 神崎神社 ⇒ 光地区のこて絵 ⇒ 河本家住宅 
⇒ 小泉八雲記念碑・八橋海水浴場⇒ 波しぐれ三度笠 ⇒ 鳴り石の浜 ⇒ 平岩記念館・総合公園 
⇒ 白鳳祭の花火
スポンサーサイト
タグ :

八橋の海岸から見た夕日

 
毎回違った表情を見せる八橋の海岸。

s-8月の花 049


   詳しくは  →  こちらをクリック
カテゴリ :琴浦風景 トラックバック(-) コメント(0)

東伯郡琴浦町 海に向かって立つ勇姿 『波しぐれ三度笠』

 
我が家から車で海沿いの道を10分ほど西へ走ったら琴浦町赤崎に着きます。
そこに『菊港』と呼ばれる港があります。

この港は、琴浦町箆津にある国の重要文化財『河本家住宅』で知られる、
河本家の菊姫の子孫が江戸時代にこの港を構築したと言われています。

s-IMGP2870.jpg


菊港は湾を囲んで、東堤と西堤があり、
その東堤の入口に『菊姫橋』があります。

実は、『菊姫橋』を渡った先端日本海に突き出した防波堤の先に
立っているのが、人気のスポット『波しぐれ三度笠』です。


 s-IMGP0410.jpg
   

『波しぐれ三度笠』は、世界的に有名な彫刻家流政之氏の彫刻です。
三度笠の旅姿で、3人の旅人が北東に向かって立っています。

海の安全を願って建てられたのでしょうか?

とくに気候の激しい日本海の荒波に向かって立つ旅姿は、
とても凛々しくも勇ましくも見えます。

そして、夏の静かな海に立つ姿は、何か安らぎを感じます。

見る人の感情で、どんな表現にも見える不思議な石像です。

この彫刻は、1989年に白御影石で作られ、高さが4.33m
奥行き6.6m 幅7.6mで、近くで見上げるとひっくり返る位
大きな彫刻です。


s-IMGP2871.jpg


先日訪れた時は、波は穏やかで、釣りを楽しむ人や、見学に来る人
また、夕方なので散策の人で賑やかでした。
あなたも、ぜひ一度訪れて見てください。
今の時期、心地よい海風が吹いて、憩いの場にもピッタリですよ。


     季節の花便り 四季の花とくらしトップへ戻る


カテゴリ :琴浦風景 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :

今年も感動、琴浦町花火大会 ”30分間のファンタジー”

 
琴浦町花火大会に3年間毎年行っていますが、
今年は、以前お勤めしていた時の友達を誘って3人で行きました。

花が大好きな仲間で、今でも花の名所を尋ねて、岡山・兵庫・島根
などなど、ひと月に一度、アチコチと日帰り旅行を楽しんでいます。

春のチューリップに始まり、新緑、桜、つつじ、藤、バラ、ハーブ、
かきつばた、あじさい、ひまわり、コスモス、もみじ、など、
冬には、植物園、フォーゲルパークや砂の美術館と随分と
見て回りました。

琴浦町には、お花の名所が少ないのがちょっと寂しいです。
(桜の名所は多いですが・・・・)

そんなお花が大好きな仲間とアプト前で待ち合わせて出かけました。

友達は、始めてみる総合公園や花火に興味深々!
この日は、ガイドに徹しました。

page.jpg


そして、
花火大会が始まると、友達も大喜び!!
拍手喝采・・感動の連続・・

誘った甲斐ありました。
喜んでもらえて、嬉しかった。
もちろん、「エッヘン!」ピノキオの鼻状態でした。

でも、花火大会何回見ても、とても奇麗です~

花火とレーザー・迫力のある音楽のコラボレーション、
とても素敵でした。

正に ”30分間のファンタジー”
レジカメで撮影する間が惜しいくらいの素晴らしさでした。

見物客も多く、これだけの大がかりな催し、関係者の方の
ご苦労は並大抵ではなかったと思います。

今年も楽しませて戴いてありがとうございました。


季節の花便り 四季の花とくらしtopへ戻る

カテゴリ :琴浦風景 トラックバック(-) コメント(0)

琴浦町花火大会と鳥取県花火大会リスト

 
夏と言えば、はなび。
夏の風物詩花火大会がアチコチで開催されています。

ここ鳥取県琴浦町でも、8月3日白鳳際のフィナーレの花火大会が
午後8時30分より開催されます。
私も2年位前から、楽しみにして毎回出かけています。

12年 花火大会
13年 花火大会

昨年は、ご近所さんと出かけましたが、
今年は、以前の職場の人達を誘って一緒に出かけます。

IMGP1586.jpg

ここ琴浦町の花火大会は、ちょっと感動的です。
「花火・レーザー・音楽」の素晴らしいショーです。

時間を忘れるほど美しく、華やかな花火は、
見る人を幻想の世界にいざないます。


琴浦町の夏祭り「第24回白鳳際」は、
平成26年8月3日琴浦町総合体育館で開催されます。

午後1時のキャンドルイルミネーション作成から始まり
たくさんのイベントが用意されています。

車でお越しの方は、浦安駅とアプト前から会場まで、
シャトルバスが出ます。
ぜひ、お子様と一緒にお出かけ下さい。


 8月の鳥取県の花火大会一覧
━━━━━━━━━━━━━━

2014年 8月1日 貝がら節祭り(花火大会) 鳥取市  約1500発

     8月 2日 第36回 河原町あゆ祭    鳥取市

     8月 3日 第41回米子がいな祭-がいな大花火大会-  米子市  約6000発

        3日 倉吉打吹まつり 飛天花火大会   倉吉市  5000発

       15日 鳥取しゃんしゃん祭り
             第61回市民納涼花火大会   鳥取市  約5000発
 
       15日 第45回淀江町盆踊り花火大会   米子市約1500発

       15日 きしもと豊年盆踊り花火大会  鳥取県西伯郡伯耆町

       17日 江尾十七夜    鳥取県日野郡江府町

       24日 北栄砂丘まつり  鳥取県東伯郡北栄町


     季節の花便り 四季の花とくらしトップへ戻る




カテゴリ :琴浦風景 トラックバック(-) コメント(0)

鳥取県琴浦町・桜名所とお勧めスポット

 
鳥取県琴浦町周辺桜名所・桜穴場スポット

桜が、あちこち満開になりました。
先日、岡山にある醍醐桜を見に行きましたが、
行き帰りの道中、どこの桜もとても見事でした。
昨年と違って、今年の桜は、どこもきれいに咲いたようです。

  
ここ琴浦町も数箇所ある名所も満開になりました。
4月17日、桜めぐりしましたが、今が一番きれいです。

琴浦町の桜の名所は、
・家畜改良センター鳥取牧場
・船上山万本桜公園
・一畑公園
・水辺公園(白鳳の郷)
・上法万の山桜

と、有名ですが、上法万の山桜は、もうほとんど散っていました。

琴浦町の名所の詳細は、→ こちら


           s-IMGP2341.jpg


そして、私がお勧めする琴浦町の穴場スポットは、
いつもウォーキングに行っている琴浦町総合公園の一角にあります。


毎年白鳳祭の花火が打ち上げられる所です。
その先に、野球場があり、その右側に以前子供の遊具があった所です。
そこの桜が、とても綺麗です。
一つ一つの、桜の房がとても大きいので豪華です。

   s-IMGP2337.jpg

そして、そのままずっと右に行くと桜のトンネルが続いていて、小鳥が飛ぶ度に
ハラハラと雪のように舞う花びらがとても素敵です。
そして、何よりいいのが、うぐいすの澄んだ声が聞けます。


また、あまり人がいないので、ゆっくりと思う存分桜が楽しめます。
こんなに素晴らしいのに、絶対沢山の人に見て欲しいです。
感動しますよ!
近くの方は、ぜひ、ぜひ行ってみて下さい。


そして、後一つのお勧めは、私たちのお隣の町の中山町。
船上山からお花見をして、車で屏風岩の道伝いに中山町に出て
右に降りていくと、報恩峠に着きます。
そこを、もう少し下った所にあります。

   s-IMGP2356.jpg


場所は、”関見”(羽田井)っと、いう所だそうです。
ここも、毎年行きますが綺麗ですね!
まさに、「知る人ぞ、知る」 桜通の場所です。
現代工芸美術館のある所で、喫茶も楽しめます。


桜の花は、散るから美しい。
まだ、少しの間は楽しめます。
残り少ない桜の季節、存分に楽しんで下さい。



        季節の花便り 四季の花とくらしトップへ戻る





カテゴリ :琴浦風景 トラックバック(-) コメント(0)

伯耆の大シイ|鳥取県琴浦町

 
樹齢1000年 伯耆の大シイ|鳥取県琴浦町

国指定天然記念物の銘木、伯耆の大シイ(ほうきのおおしい)は東伯郡琴浦町の春日神社にあります。

    s-IMGP1827.jpg

樹齢は千年を越すと言われ、周囲が11.4m、高さ15mのスダジイの大木です。
標高が高くなると生育しにくいと言われているシイで、これほど大きな物は非常に珍しいそうです。

琴浦町でも随一といえる銘木で、
平成元年に環境庁の調査でシイの木では、巨木日本一に指定されました。

平成2年には読売新聞と国際花と緑の博覧会により
「新日本銘木百選」に指定されました。

s-IMGP1831.jpg s-IMGP1834.jpg


私が訪れた時、神社の参道にあるその巨木 は、
暗く鬱蒼としていて、何か怖いような感じがしました。

倒れて来そうな程に沢山の葉をつけ、今にも襲って来そうでした。
恐恐とよく見ると沢山の添え木に支えられ、それでも頑張って
枝を伸ばし、立派にたくさんの葉をつけています。

周りに巻付いているツタをも育てながら・・・・
1000年!すごいですね!
何代もの人を見て来たのでしょうか?
またこれから先何年、世の中を見守るのでしょうか?


名称 伯耆の大シイ(ほうきのおおしい)
国指定天然記念物
新日本名木百選

所在地 鳥取県東伯郡琴浦町宮場、春日神社 内
樹齢   1000年
樹高   15m
幹回り  11.4m
枝張り   30×22m

アクセス  山陰本線浦安駅より車で約10分
       JR浦安駅→町営バス野井倉行き(1時間に1本)で20分、宮場下車、徒歩3分
       山陰道名和IC30km50分
駐車場   なし
     見学自由
問い合わせ 0858-55-7801 ( 琴浦町商工観光課) 




    季節の花便り 四季の花とくらしTOPへ戻る


  
タグ :

鳥取県琴浦町|船上山に紅葉狩り

 
鳥取琴浦町|船上山へ紅葉狩りに行きました。
我が家から車で20分の所に、後醍醐天皇ゆかりの地
船上山があります。

s-IMGP1975.jpg

秋真っ盛りの午後、紅葉がりに出かけました。

ここ船上山は、近くなので毎年のように出かけます。
春の桜は、ヤマザクラ、シダレザクラ、ヤエザクラ、ソメイヨシノなど、
約4300本の桜は、4月中旬~下旬まで 春の船上山を彩ります。
夏は登山やキャンプ、川遊び。
秋の紅葉。
冬はスノーシューやクロスカントリースキー、そり。
年間通じてハイキングなど、
四季折々に楽しめる場所として、県内外から多くの人に親しまれています。

屏風岩はロッククライミングの練習場として、ファンが多いと聞いています。

その、船上山を車でグルっと一回りして来ました。
途中、景色がきれいな展望台で休憩を取りながら・・・・・

s-IMGP1977.jpg s-IMGP1979.jpg

船上山は、標高615mで「屏風岩」とよばれる高さ約60~100mの
垂直に近い断崖が特徴の、雄大な山です。
断崖絶壁の大きな岩肌が壁のように立ちはだかる
「屏風岩」は圧巻で、自然の神秘を感じます。。。

屏風岩の南の、高さ60mの切り立った岩場から激しく流れ落ちる2つの滝、
(雄滝と雌滝)があり、この二つの滝を千丈滝といいます。
いつか、行って見たい所です。


船上ダムに映る景色も、素敵でしょ!
うっそうとした木立の色も黄色く冬の訪れを予感させます。

お天気が良いせいか、木々の葉も陽に映えてとても綺麗でした。
そんな木々のトンネルをゆっくりとドライブしました。

s-IMGP1981.jpg s-IMGP1891.jpg

途中多くの観光客や、近くの人でしょうかお弁当を広げて
話に興じている人など・・それぞれの形で行楽を楽しんでいました。

時には、こんなリフレッシュする時間も必要かなと思います。
自然の美味しい空気を一杯浴びて、楽しい時間を送れました。

都会で生活している我が子も、時には
こんな美味しい空気を味わっているだろうか?
親心が頭をよぎります。



大山隠岐国立公園内にあるここ船上山は、
後醍醐天皇が隠岐を脱出して潜行し、
八十余日を行宮として過ごした場所だと言われています。

今でも、山上には船上神社、行宮碑が当時の名残を留めており、
とくに行宮跡は、昭和7年5月3日国の史跡に指定されています。

また船上山は、今から約650年前の南北朝時代のはじめ、
後醍醐天皇方の名和長年と、室町幕府方の佐々木清高軍の
戦いの際の、戦場となった場所だと聞いています。

こんな素敵な船上山、一度訪れて見て下さい。



場所    鳥取県東伯郡琴浦町山川
アクセス JR山陰本線赤碕駅から車で20分
      赤碕駅から少年自然の家行きバスで30分 
      国道9号線から11Km、車で15分
      山陰道琴浦船上山ICから県道289号を船上山方面へ車で10km
駐車場   40台 無料
問合せ  0858-55-7811 琴浦町観光協会



    季節の花便り 四季の花とくらしTOPへ戻る


  
タグ :

鳥取県琴浦町・一向平・大山滝

 
鳥取県東伯郡琴浦町・一向平/大山滝のハイキング
秋晴れの行楽日和に自宅から車で30分位の所にある、
一向平・大山滝(いっこうがなる・だいせんたき)に出かけました。

目的は、日頃の運動不足解消に、
一向平と大山滝をつなぐ吊り橋までのハイキング。

大山滝は落差42mを誇る二段の滝で、平成2年に
「日本の滝百選」に選ばれた県下最大の名滝です。

出発地の一向平にはキャンプ場があり、夏には沢山のキャンプを楽しむ人や
ハイキングや山菜取りの人で賑わいます。

一向平キャンプ場は、水も美しく、管理棟・炊事棟・トイレ・駐車場など
設備も充実した最高の自然環境のキャンプ場です。
また敷地内にバーベキューハウスもあるので、ドライブや
ハイキングの途中に気軽に訪れる人も多いとか・・・・

s-IMGP1850.jpg s-IMGP1838.jpg

一向平の駐車場に車を止めて降りたらアサギマダラの蝶がお出迎え・・・
この蝶は、高山にいるので我が家の近くでは見ることが出来ません。

紅葉狩りには少し早い時期でしたが、平日なのに車が15台位止まっていて、
それぞれに秋を楽しんでいるようでした。

そこから片道約30分の大山滝の吊り橋まで歩きます。
目的の大山滝の吊り橋は、一向平と大山滝をつなぐ
高さ30m長さ45mのつり橋です。
さすがに、大山滝まで行く元気がなく、
途中の吊り橋までが丁度良いハイキングコースだと思いました。

s-IMGP1849.jpg s-IMGP1843.jpg

吊り橋までの間急な階段や細い道、苦しいこと苦しいこと・・・・
普段の運動不足を嫌というほど感じました。
30分のところ50分位かかりました。
途中、行き交う人と、たわいのない話や挨拶を交わしながら、
でも、吊り橋に到着した時には、嬉しかったですねぇ。
残念ながらここからは二段の滝は見ることは出来ません。
が、吊り橋から見る景色も素晴らしく、少し染まり始めた木々の
美しい景色を見ながら、しばらく休憩をしてから帰りました。
これが、吊り橋です。  右が大山滝です。
s-IMGP1842.jpg   s-daisentaki.jpg

帰りはすごく早く、あっという間に一向平に着きました。
普段味わえない森林浴も出来たし
疲れたけど、頑張ってよかったです。

住所 鳥取県東伯郡琴浦町野井倉688-130 
交通アクセス 【電車】JR浦安駅からバス(車)で50分。野井倉で下車、徒歩50分
        【車】山陰道琴浦東ICから30分、JR倉吉駅から車で40分 
駐車場     100台 無料、大型バスも可
問い合わせ  0858-57-2100 
営業期間   4/1~11/30   
        12/1~3/31休業、積雪・残雪等の状況により、開業日、終了日に変動あり



    季節の花便り 四季の花とくらしTOPへ戻る


 
タグ :

鳥取県・琴浦町光地区のこて絵(鏝絵)

 
こて絵(鏝絵)って知ってますか?
こて絵は、左官職人が顔料の入った漆喰を使い、筆の代わりに
鏝で絵を描いたもので漆喰装飾の一技法です。

民家や土蔵の壁に鏝で立体的な彫刻を施した装飾画は
福を招く縁起物や身近な動物や空想上の獣などが
表現されていて、
家内安全や無病息災などの願いがが込められています。

こて絵は、江戸末期から伝わる伝統的な手法で、
高松古墳や法隆寺の金堂の壁画にも施されている
古くから伝わる技法です。

全国で、約3000カ所あると言われる鏝絵が
琴浦町の光地区に数多くあります。
48戸の集落のうち24棟に鏝絵が密集しているのは全国的にも珍しいそうです。

s-IMGP1714.jpg

我が家から20分位の所にある、琴浦町の光地区に行って見ました。
のどかな田園風景を眺めながら、車でしばらく走ると光地区に到着しました。

駐車場から歩いて集落をぐるっと一回り。
出会った人に尋ねながら、写真を撮りました。
土蔵の扉に鶴や亀などの縁起物が多く見られました。

s-IMGP1711.jpg s-IMGP1709.jpg

s-IMGP1712.jpg s-IMGP1708.jpg

s-IMGP1710.jpg

浮き彫りにされたどの鏝絵も、
とても素晴らしく芸術作品です。
こて絵は、江戸末期から伝わる伝統的な手法です。
はるか昔の江戸時代の人もこれと同じような
こて絵を見ながら生活していたとは・・ちょっと不思議な気持です。

今日は、鳥取県・琴浦町光地区の鏝絵(こて絵)のご紹介でした。


    季節の花便り 四季の花とくらしトップヘ戻る



琴浦町の夏祭り!白鳳祭.

 
2013年、第23回・琴浦町の夏祭り!白鳳祭 
8月4日恒例のことうら夏の夢まつり.に行きました。

目的は、花火!!
昨年の花火に感動して、今回で2度目です。

会場は、東伯総合公園サッカー場 。

時折雨が降り、決行されるか心配しましたが、
会場は、この素晴らしい花火大会を見ようと、超満員!

遠方からの来場もあって、とても賑やかでした。
メインイベントの花火は、花火・レーザーライト・音楽の
素晴らしいのコラボレーション。
県内ではここでしか見ることができない花火ショーです。

IMGP1576.jpg

IMGP1586.jpg

感動の30分!
花火があがる度に、大きな歓声とどよめき・・・・・・
本当に、夢のような時間でした。

夢を・元気をもらいました。
関係者の方、ありがとうございました。
来年も、絶対来るぞ!


季節の花便り 四季の花とくらしtopへ戻る





鳥取県琴浦町・鳴り石の浜

 
鳥取県琴浦町・鳴り石の浜(夕日がとても綺麗です)

山陰地方の梅雨が明けた今日の夕方、
琴浦町の名所の一つ、鳴り石の浜に行来ました。

昼間は気温30度を越す厳しい暑さでしたが、
浜には夕方のせいか、風が気持ちよく感じました。

ここ鳴り石の浜は、岸に打ち上げる波が小石を動かす時に
出る、カラカラ コロコロという音で有名です。

残念ながら、今日は波も穏やかで、音も静かでした。
耳を澄ましてやっと心地よい響きを聞きました。

でも、今日の目的は夕日。
昼間には、一度来たことがありますが、
ここで見る夕日は抜群だと聞いて、一度見たかったのです。

見て下さい。
西の海に沈む夕日。素敵でしょう。

         s-2013 6 14 056

ここ鳴り石の浜は、鳥取県東伯郡琴浦町赤碕 国道9号線沿いにあり、
林原写真館とレストランの間の階段を海岸に向かって降りて行きます。

s-2013 6 14 071 s-2013 6 14 070

なだらかな石段を降りた、お洒落な小道の先に海岸があります。
階段の途中に、はるかちゃんのひまわりの苗が沢山植えられています。
私も昨年、はるかちゃんのひまわりを植えましたが、こうして
”善意の輪”がだんだん広まって来るといいですね!

s-2013 6 14 068 s-2013 6 14 067

途中雲が出て、ちょっと心配しました。
ここにある波打ち際の石が、波に揉まれて音が出ます。
夕日を見ながらの釣り・・・・・いいですね~!

s-2013 6 14 047 s-2013 6 14 045

少しずつ雲がとれて・・・・・

s-2013 6 14 051 s-2013 6 14 043

真っ赤に沈む夕日・・・素敵デス。
でも・・・・・・あっと言う間に沈んでしまいました。

s-2013 6 14 062 s-2013 6 14 066

写真を撮っていた人の話では、
今日の夕日は素晴らしく、めったにこんな綺麗な夕日には、
めぐりあえないそうです。

でも、梅雨が明けたこれからは、こんな素晴らしい風景が
見れると思いますよ!

鳥取県琴浦町・鳴り石の浜、
ぜひ一度この素晴らしい景色を見に起し下さい。




季節の花便り 四季の花とくらしトップに戻る



河本家住宅に春の一般公開に行きました。

 
琴浦町篦津にある、
河本家住宅の春の一般公開に行きました。
5月3日、以前から行って見たかった
国指定重要文化財 河本家住宅が一般公開
されている事を聞き出かけました。

親切な案内の人に導かれて、詳しい説明もして戴き
ゆっくりと見学をする事が出来、忙しい現代社会で、
思いがけなく、いにしえの世界を垣間見る事が出来ました。

s-4月4日桜 078


江戸時代の大庄屋であったと言う河本家は、
享受5年(1688年)に建築されたと言われています。

屋根は茅葺きで合掌作り、建築年代の明らかな民家としては
山陰地方で最古だそうです。
当時の当主は5代目の弥三右衛門で、
案内の人によると、主屋が300年、離れが200年前の建物だそうです。

また、大庄屋や、豪農として名を馳せた河本家には、
数千点の古文書が所蔵保管されおり、この日も
沢山の蔵書の詰まった短冊が置かれていました。

そこかしこに、当時としては、最高の技術を施されたと
思える欄間や左右に見える庭・・・・・
前庭は江戸時代中期の様式で貴重ものだそうです。

s-4月4日桜 077 s-4月4日桜 072
s-4月4日桜 067 s-4月4日桜 069
s-4月4日桜 068 s-4月4日桜 071


離れに案内して戴きました。
訪問客が多かったと思われる河本家は、やはり離れも
天井・欄間など細部に至るまで、趣向の凝らした建物でした。

s-4月4日桜 060 s-4月4日桜 049

土間に降りると古い大きなかまどがありました。
この炊事場のかまどの上を、壁土で覆った煙返しは、
防火施設として珍しいもののようです。
また、そのかまどの大きさにも驚き!!

現在でも生活しておられるのに、
ずうずうしくも、裏庭までお邪魔してしまいました。

当時を忍ばせる、大きくて立派な蔵が2つ並んで
当時の名残をとどめていました。

s-4月4日桜 075 s-4月4日桜 076


昭和49年鳥取県有形保護文化財、
平成10年鳥取県建物百選、
平成22年国指定重要文化財

 

               季節の花便り 四季の花とくらしトップへ戻る




鳥取県・琴浦町内 桜めぐり

 
鳥取県・琴浦町内 ”桜めぐり”と桜の花言葉

4月4日、うららかな春の日差しに誘われて
桜の花を見に出かけることにしました。
早めの昼食を済ませ、イザ レッツゴー!!

まず、最初に向かったのが、
独立行政法人 家畜改良センター鳥取牧場
鳥取県東伯郡琴浦町出上14番地 TEL:0858-55-1511
 s-4月4日赤崎桜 010  s-4月4日赤崎桜 012

桜満開!!!
今が桜の見頃で、花に近づくと何とも言えない
いい香りが漂い、心地よい気持ちに・・・・・
たくさんの人に混じって、
満開の花の下に敷物を広げ、暫く話したり
横になったりして、桜の花を楽しみましました。


次に行ったのが、上法万の山桜
鳥取県東伯郡琴浦町法万 0858-55-7811(琴浦町観光協会)
 s-4月4日山桜 016

 s-4月4日山桜 015  s-4月4日山桜 014

枝張り25m以上もあり、桜の中では屈指の巨木。
あまりの大きさに、目を見張るばかり・・・・
美しく見ごたえ充分、驚きの山桜、こんな山桜始めて見ました。



上法万の一本桜に感動して、次は、
伊勢崎地区コミュニティ施設白鳳館
鳥取県東伯郡琴浦町大字槻下2268-1 0858-53-2900
国指定特別史跡斎尾廃寺跡の近くに位置し、白鳳期に建立されたと言われ、
斎尾廃寺をイメージした朱色の柱が鮮やかなコミュニティー施設
 s-4月4日白鳳020  s-4月4日白鳳桜 022

ここの桜もとても綺麗!!
高台の白鳳館を囲むように桜の木が植えられて、
また、その下にある池の回りにも植えられています。
スポーツや散歩にと地域の憩いの場所で、
この日は老人施設の遠足らしく、とても賑やかでした。
池の周りを散策。
はらはらと舞い落ちる花びら・・・池にはマガモや魚の姿もチラホラ!



一畑公園につきました。
鳥取県東伯郡琴浦町八橋 0858-55-7811(琴浦町観光協会).
高台にある公園で静かにゆっくりと春を楽しむことができるはずが・・・・
おや! おやおや!!
どうしたことでしょう???
昨年あんなに綺麗で感動した桜が、今年はあまり咲いていません。
小鳥が、新芽を食べてしまう・・と言う事を聞いた事ありますが、
今年の冬は、雪も少なかったはず・・・・
残念な思いで、一畑公園を後にしました。



最後が、琴浦町東伯総合公園
鳥取県東伯郡琴浦町田越560 TEL:0858-52-2047
昨年夏、花火に感動した場所です。
体育館、武道場、野球場、テニスコート、芝のサッカー場、
多目的広場、ゲートボール場などが、完備されている所。
   s-4月4日桜 030

最近は度々、ここでウォーキングをします。
たくさんの樹木があり、四季折々楽しむ事が出来ます。
桜の花も、たくさん植えられていて、風に舞い落ちる桜の花や
時折聞こえて来る、小鳥の声・澄んだうぐいすの声に
耳を傾けながらの散策も、風情があってオツなものです。


これで今年の琴浦町内の桜めぐりは終わりました。
近くにいても、期間も短く天候に左右される桜、
あっという間に散ってしまいます。
その為、行けそうでなかなか行けない町内の桜の名所。
思い切って出掛けて、贅沢な時間を満喫する事が出来ました。


あと、琴浦町では有名な、船上山万本桜公園があります。
鳥取県東伯郡琴浦町山川807-2  0858-55-7007
今回は行きませんでしたが、船上山は後醍醐天皇ゆかりの地として有名で
遅咲きの桜の名所としても知られています。
ダムを見下ろし、数百mに及ぶ壮大な屏風岩を見上げる景色も素敵です。
毎年桜祭りが行われ、
今年は、平成25年4月28日(日)に行われる予定です。

    
より大きな地図で 東伯総合公園 を表示


桜(さくら、サクラ) 花言葉
・バラ科 サクラ属 落葉高木。

ソメイヨシノ「高貴」「清純」「精神愛」「優れた美人」
八重桜  「豊かな教養」「善良な教育」「しとやか」「理知に富んだ教育」
山桜  「純潔」「高尚」「淡白」「美麗」
しだれ桜 「優美」「ごまかし」


今が桜の満開、普段の忙しい時間を離れて、
ひと時の,贅沢な時間を楽しみませんか?
明日への活動力になることと思います。



             季節の花便り 四季の花とくらしトップへ戻る



タグ :

八橋海岸・かもめ と、マガモ

 
かもめ と、マガモ

先日 春の様な日差しに誘われて、久し振りに八橋海岸に
沢山の鯉の餌の食パンを、携えて出掛けて見ました。

浜風もさほどきつくなく、穏やかなお天気で
海岸につくと、白い鳥の集団が、目につきました。

海水と淡水の交わる辺りの、岩の上で羽を休めているようです。

よく見ると、カモメの集団です。
時々、飛び立ち頭上を駆け抜ける姿は、とても素敵でした。

          s-かもめ

s-カモメ s-かも

海岸に通じる河口には、鯉の他にマガモが仲間入りしていて、沢山持参した
パンも、ほとんどマガモのおやつになってしまいました。

            s-カモ


いろいろの鳥や魚に癒された、久し振りに暖かい冬の一時でした。


           季節の花便り 四季の花とくらしトップに戻る



タグ : かもめ マガモ

琴浦町赤崎「神崎神社」の龍の彫刻

 
琴浦町赤崎「神崎神社」の龍の彫刻

お正月2日、家族で車で15分の所にある、神崎神社に、
今年一年の無事を願って、初詣に出かけました。

ここ鳥取県琴浦町にある神崎神社(荒神さん)は、鳥取県保護文化財にも
指定されている神社で、随処に施された彫刻は訪れる人を、
圧倒させるほどの迫力があります。

解りにくい所にあるせいか、知名度は低いけれど、
一度訪れた人は、その素晴らしさに驚かされます。
龍の彫刻、人物・鳥獣・竜 宮城などの彫刻など
まさに芸術です。

s-imgp0863.jpg s-IMGP0864.jpg

s-IMGP0854.jpg s-IMGP0398.jpg

              s-IMGP0406.jpg

s-IMGP0397.jpg s-IMGP0395.jpg

s-IMGP0392.jpg s-IMGP0390.jpg


神崎神社に参拝するのは、これで3回目ですが、
いつ来ても、神殿や彫刻のかもし出す緊張感で、
身の引き締まる思いです。

神社の創建は定かではありませんが、現存する一番古い棟札は、
享保18年(1733年)9月12日といわれています。

神崎神社は、海を見下ろす高台に建てられていて、
海から幸せを運ぶとされる竜神の彫刻や、
漁師町だから、海を治めるとされるスサノオノミコトをまつり、
浦島太郎など海にまつわる彫刻も施されています。



     季節の花便り 四季の花とくらしトップに戻る



八橋(やばせ)海水浴場と小泉八雲

 
八橋(やばせ)海水浴場と小泉八雲

お盆も過ぎ、ようやく朝が涼しくなり、
秋の気配が感じられるようになってきました。

最近では、早目に朝食の準備を済ませ、
庭でのコーヒータイムを楽しんでいます。

今日は、急に思い立って近くにある海水浴場に行って見ました。
 
 IMGP0455.jpg IMGP0457.jpg
 
鳥取県で6ヶ所ある海水浴場の中の一つ、
ここ、琴浦町にある「八橋(やばせ)海水浴場」は
青い海と目に痛いほどの白い砂浜。
明治24年に小泉八雲夫妻が新婚旅行に訪れた海岸です。

小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)は、
アイルランド人の父と,ギリシャ人の母を持ち
英語教師,文学者,文芸評論 家で、
「耳なし芳一」をはじめとする
怪談の著者として活躍した偉大な人です。

八橋海水浴場は、小泉八雲とセツ婦人が訪れ、
いたく気に入った海岸としてあまりにも有名です。

夏の海水浴だけでなく、四季折々に変わる海の色は
とても美しいものです。
遠いいにしえ、小泉八雲もこのように海を眺めていたのでしょうか?

八橋海水浴場の入り口に小泉八雲の来訪を記念して
2004年3月に、記念碑が建立されました。

IMGP0450.jpg IMGP0451.jpg


その小泉八雲がこよなく愛した美しい八橋海水浴場は、
子供達も夏休みで、さぞかし賑やかだろうと思ったのですが、
子供の歓声どころか、 静か!! あまり人がいない!

お昼過ぎと言う時間的なものか?
3~4組位の親子ずれが、このきれいな海を一人じめ?  
ん!! 20人じめか??

IMGP0460.jpg IMGP0461.jpg IMGP0463.jpg

120年前、小泉八雲夫妻が数日間逗留した中井旅館は、
今でもその時の姿を留め、たくさんの人の交流の場として大切に
残されています。


八橋(やばせ)海水浴場
  鳥取県琴浦町八橋
  7月上旬~8月下旬
  JR山陰本線八橋駅下車徒歩10分
  無料駐車場(約80台)
  バーベキュー、キャンプも可能
  ビーチバレーボール、コート貸出無料
  シャワー、更衣室、トイレあり
海の家あり



         季節の花便り 四季の花とくらしトップに戻る


鳥取・琴浦町・感動の白鳳祭花火ショー

 
鳥取・琴浦町・感動の白鳳祭花火ショー

2012年8月5日(日)今日は我が町の1大イベントである
鳥取・東伯・ことうら夏の夢祭り「白鳳祭」が開催されました。

白鳳祭は、琴浦町に当時のこん跡を留めている斎尾廃寺跡
(奈良時代前期・白鳳時代に隆盛を極めた国の特別史跡「斎尾廃寺跡」)を
しのんで、毎年8月上旬に行われる琴浦町の一大イベントで、
“食と火のまつり”をテーマにレーザーライトと花火の競演、松明行列などがあります。

JR浦安駅や、スーパーアプト前からシャトルバスも出ていて、
遠方から来られた方の見学もとても便利です。
      ・
      ・
      ・
子供が小さい頃には、何回か来た白鳳祭ですが、ここ何年も、
家から見える、打ち上げ花火しか見たことがなく、
今年は、東伯総合公園まで行って見ることにしました。
この白鳳祭近くで見るのは、実に14~5年ぶりになりましょうか?

お目当ては、花火。

夕食後8時前に、近くまで車で送ってもらいましたが、多くの人でごった返して
人気の程を伺わせます。

午後4時から開催していて、キャンドルイルミネーションやバンド演奏や
ダンスパフォーマンス、白鳳太鼓など多彩な催しで、周りには屋台が並び、
美味しそうな匂いが立ち込め、家族連れで楽しんでいました。


東伯総合公園野球場に設けられたステージでは、白鳳太鼓が力強い音を響かせていて、
生の太鼓の迫力に圧倒され、また元気を貰ったような気がしました。

          IMGP0482.jpg

間もなく8時30分、いよいよ花火ショーの始まりです。

ところが・・・・・

始まった瞬間から、あまりの素晴らしさに、圧倒されてしまいました。
「音楽」 「レーザー」 「花火」と絶妙なコラボレーションに

きれい! 美しい! 素晴らしい! 感動! 圧巻 ! 幻想的!・・・・

これまで見た、どの花火より美しく、感動してしまいました。

響き渡る音楽の迫力、レーザーの織り成す光、時々松明がともりそれぞれが
花火を一段と引き立てます。

次々と現れる夢のような光景に、瞬く間に30分たってしまいました。

これまで、こんな近くで行われていた、こんな美しい花火大会を、
見過ごしていたのかと思うと残念です。

この白鳳祭の花火ショーは、県内のほかのお祭りでは見られない
花火・レーザーライトショー・音楽がコラボレーションする素晴らしいショーです。

IMGP0491.jpg IMGP0490.jpg

IMGP0493.jpg IMGP0486.jpg


あなたにも、この白鳳祭の花火ショーの素晴らしい夢のような光景を
ぜひ味わって戴きたいと思います。

 YouTube で昨年の白鳳祭の花火ショーの画像を見つけました。

 


このブログにお越しの皆様、来年の鳥取・琴浦町の白鳳祭の花火ショーへ
ぜひ起こし下さい。



               季節の花便り 四季の花とくらしトップへ戻る




鳥取県・琴浦町・「赤碕波止のまつり」

 
鳥取県琴浦町赤碕の恒例の夏の伝統行事
神崎神社の例大祭・「赤碕波止のまつり」は、
7月27日~28日盛大に行われました。

通称・荒神さんとして、近くは元より、遠方からも多く
の崇敬社で賑わっている神崎神社。


約50年の歴史があると言われる由緒ある、
神崎神社の例大祭「赤碕波止のまつり」は、
27日の前夜祭のイベントが、夜7時から始まり、
菊港塩屋町海岸広場では、子供達の人気の夜店が並び、
また、各ダンスチームによるダンスが披露されたり、
大道芸人による催しなどがあり賑わいました。

IMGP0419.jpg IMGP0435.jpg


待望の花火は、8時30分より、菊港周辺で打ち上げられました。
大勢の見学者の見守る中、3500発の花火が、、
夜空に鮮やかに舞い、見る人を、幻想の世界へと誘います。



翌日28日の例大祭は、子ども神輿や本神輿が町内を練り歩き、
午後1時からは、赤碕の漁船による海上パレード
「船御幸」が行われました。

「船御幸」は、
神崎神社の神輿や神官などを漁船に乗せ、赤碕のほとんどの漁船が
大漁旗などをなびかせパレードに参加し、豊漁と安全を祈ります。

IMGP0448.jpg IMGP0441.jpg


残念ながら、パレードに間に合わず、その時の写真は、
取れませんでしたが、帰港後の船の写真を載せておきます。

帰港後は神輿が町内を練り歩き、暑い夏の1大イベント
「赤碕波止のまつり」は、大盛況の内に終わりました。


菊港は、JR山陰本線赤碕駅から徒歩20分
    山陰道琴浦船上山ICから車ですぐ
    国道9号線、道の駅ポート赤碕から徒歩5分


               季節の花便り 四季の花とくらしトップへ戻る



鳥取・琴浦町・逢束のあじさい公園

 
鳥取県・琴浦町・逢束のあじさい公園

アジサイの花は、雨がよくにあう。

町のここ かしこに見られるアジサイの花ですが、琴浦町・逢束にある
アジサイ公園は、6月中旬頃から2000本の花が咲き、愛好家の、
癒しの場所となっています。

 IMGP0296.jpg IMGP0295.jpg IMGP0291.jpg


先日、夕方散歩がてらに、出かけて見ました。

アジサイの花は、早い物は、だいぶ散りかけていましたが、次々に
咲き出していて、あと少しは楽しめそうです。

色とりどりで、美しい花ですが、天候のせいか、今年はいつもの年より
色が、冴えないように思いました。

我が家の庭のあじさいも、いつもの年より、花つきも悪く、色が汚い!

あじさい公園の敷地内に、ゲートボール?(グランドゴルフ?)場が
あり、ここもコミュニケーションの場となっています。

あじさいの花を眺めながらのプレイ・・いいですよね!

また、この公園は、海岸沿いにあり、すぐ目の前で、サーフィンを楽しむ人で
賑わっていました。

鳥取の海岸で、キムタクらしき人が、サーフィンをしていたと聞いていたので
ひょっとしたら、この人たちの中にいるかも・・・
な~んって思いながら、眺めていました。


でも、やはり、あじさいの花は、綺麗・・・・・。


               季節の花便り 四季の花とくらしトップへ戻る




≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫ 次ページへ ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。