スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

鳥取県「奥大山」 鍵掛峠の紅葉

 
鳥取県大山町にある「奥大山」鍵掛峠の紅葉

s-11月3日 040


   詳しくは → 季節の花だより 四季の花と暮らしへ
スポンサーサイト
カテゴリ :観光 トラックバック(-) コメント(0)

鳥取県・三朝町にある三徳山と小鹿渓の紅葉狩り

 
11月1日、この日、とても良い天気で、以前から計画をしていた
紅葉狩りに家族3人で出かけました。

目的地は、我が家から車で1時間30分~40分走ったところにある、
鳥取県中部・三朝町にある三徳山(みとくさん)と小鹿渓(おしかけい)。

s-s-misasa 018
s-s-misasa 029


ずっと前、どちらも1度は行ったことがあります。
が、行ったことは覚えていますが、どんな所だったのか、
ほとんど記憶にない位、前です。

それでも到着してみると、何となく思い出します。

国の史跡・名勝に指定される三徳山

       → 三徳山の詳細はこちら

さすがに沢山の人でにぎわっています。


次に向かったのは、同じ三朝町にある小鹿渓。
三朝温泉からは、車で15分程。

三徳山ほど訪れる人が少なく、静かで落ち着いた穴場的スポットです。

こちらは、動画を作りましたので、ご覧下さい。



  → 小鹿渓の詳細はこちら


三徳山と小鹿渓どちらも、紅葉には少し早かったけれど、
久しぶりの家族揃っての外出で、楽しい時間が過ごせました。

また、明日から頑張れます!!





季節の花便り 四季の花とくらし トップへ戻る

カテゴリ :観光 トラックバック(-) コメント(-)

JR山陰本線「由良駅」の愛称が「コナン駅」になりました

 
JR山陰本線「由良(ゆら)駅」の愛称が「コナン駅」になりました。
あなたは、漫画名探偵コナンをご存知でしょうか?

テレビでも放映され、多くのファンを夢中にさせている、
数々の難問を解決する、あの人気の探偵漫画ですよ!

実は「名探偵コナン」の作者青山剛昌さんの
ふるさとが、ここ由良宿なのです。

s-IMGP2082.jpg

我が家から車で15分程走った所に北栄町由良宿があります。

青山剛昌さんの誕生の地・北栄町由良宿にある JR「由良駅」が、
昨年平成13年12月15日(日)愛称が「コナン駅」になりました。
先日近くを通った時に寄って見ました。

北栄町由良宿では「名探偵コナン」を盛り立てようと、町全体が
コナン色に染まっています。
駅の正面玄関には「コナン駅」の看板が設置されています。

駅の中にも、ご覧ください・・・・天井までコナンでいっぱい!
ちょっと、圧倒されるかも・・・・・

s-IMGP2083.jpg s-IMGP2087.jpg

観光案内所や観光客休憩所も完備されています。
また、漫画コーナーやコナン関連グッズなどがあり、
コナンファンにとっては、ワクワクするのではないでしょうか?

コナン駅を下りて、「コナン通り」りを「青山剛昌ふるさと館」
までの道のり、「名探偵コナン」のオンパレードです。

写真は、コナン通りで「青山剛昌ふるさと館」に行くまでの
由良大橋のコナンのブロンズ像です。

  s-14-02-24_005[1]   s-14-02-24_002[1]

「青山剛昌ふるさと館」(青山剛昌の資料館)です。
平日なので、人影まばら・・・

s-IMGP2079.jpg s-IMGP2076.jpg

コナン通りで、ふと足元をみると・・・・・
  こんなもの見つけました。

s-IMGP2092.jpg

以前、ゲゲゲの鬼太郎の記事を書きましたが、
「名探偵コナン」も大人気の漫画です。
コナンファンは勿論、お子様と一緒に訪れたら親子で楽しめると思います。

ゲゲゲの鬼太郎の記事
 http://sikinohana7.blog.fc2.com/blog-entry-56.html
 http://sikinohana7.blog.fc2.com/blog-entry-57.html


「青山剛昌ふるさと館」
住所: 鳥取県東伯郡北栄町由良宿
電話: 0858-37-5389
最寄り駅: 由良駅[出口]から徒歩約16分

時期 開館時間
4月~10月 AM9:30~PM5:30
11月~3月 AM9:30~PM5:00

■ 入館料
個人 1回券
小学生未満 無料
小学生 300円
中学生・高校生 500円
大人 700円
※障害手帳をお持ちの方につきましては、個人券がそれぞれ半額となります。

団体(20名以上)1回券
小学生未満 無料
小学生 200円
中学生・高校生 400円
大人 600円
※個人券が各100円引きとなります。


                       季節の花便り 四季の花とくらしTOPへ戻る




タグ :

親子で楽しめる・水木しげる記念館

 
親子で楽しめる・水木しげる記念館

鳥取県境港市にある水木しげる記念館に行ってきました。

鳥取県の米子駅と境港駅を結ぶJR境線が
何年か前「妖怪鉄道」と呼ばれるようになりました。

でもそのず~っと前、今から12年位前から
「水木しげる記念館」はオープンしていたと聞きました。

10年位前になりますか、
最初に鬼太郎ロードを訪れた時は、まだ妖怪の数も少なく
期待とは反対に拍子抜けしたのを覚えています。

しかし、今回行ってみて、妖怪の数も多く、
規模が大きくなっているのには驚きました。

何年もかけての地道な努力で、今やたくさんの人が訪れる
観光名所となったんですね!!

漫画家水木しげるさんの代表作といえば
朝の連続テレビ小説にもなった「ゲゲゲの鬼太郎」や、
「悪魔くん」「河童の三平」がよく知られています。

1922年(大正11年)3月8日生ですから90歳はすでに
越していると思われますが、今でもそのパワーは
衰える事なく、各分野で活躍されています。

先回のブログでは、「水木しげるロード」をご紹介しましたが、
今回は、「水木しげる記念館」の紹介です。

s-IMGP1794.jpg


水木しげる記念館では、
水木しげるさんの誕生から現代までの道のりが、
つぶさに見ることが出来ます。


まず、最初に目にするゲゲゲの玄関では、
水木先生と鬼太郎達がお出迎えしてくれます。

2階にある漫画ワールドでは、
ゲゲゲの各妖怪を詳しく知ることが出来ます。
これで、あなたもゲゲゲの妖怪博士になれるかも・・・・・

その他、冒険家であった時の旅行記なども紹介されていて、
私達の知らない水木しげるが一杯!!

s-IMGP1782.jpg s-IMGP1781.jpg


まさに、水木しげるワールド。
ここへいけば、あなたも水木しげるさんのパワーに
圧倒されます。

s-IMGP1775.jpg s-IMGP1779.jpg


水木しげる記念館
住所 鳥取県境港市本町5番地
電話番号 0859-42-2172
営業時間 午前9時30分~午後5時まで(入館受付は閉館30分前まで)
ただし夏休み期間中は午後6時まで開館
年中無休

料金
一般 700円
中高生 500円
小学生 300円
障がいのある方、その介護者お一人様 300円
 団体20名以上はそれぞれ1名につき100円引きとなります。


交通情報・アクセス
 【電車の場合】
     JR境港駅(鬼太郎駅)下車 徒歩約10分
 【車の場合】
     米子自動車道 米子ICより約40分

  駐車場はありません。
  JR境港駅または、市営日の出駐車場か大正町駐車場
  を利用してください。

また、近くの港では、港に出入りする船や、
こんな素敵な風景を見ることが出来ますよ!

    s-IMGP1810.jpg



季節の花便り 四季の花とくらしTOPへ戻る


ゲゲゲの鬼太郎に会って来ました。

 
鳥取県は、漫画家が多いのをご存知ですか?

昨年(2012年、)は第13回 国際マンガサミット鳥取大会
があり、「まんが王国とっとり建国記念」と題して
8月4日~11月25日の4ヶ月に渡って、
各国から約400人の漫画家が集まって開催されました。

鳥取県出身の漫画家の中でも、
ゲゲゲの鬼太郎で有名な水木しげる、
   本名・武良茂・境港市出身・1922年(大正11年)3月8日生
名探偵コナンの青山剛昌
   本名・青山剛昌(よしまさ)・大栄町出身・1963年(昭和38年)6月21日生
事件屋稼業の谷口ジロー
   本名・谷口治郎・鳥取市出身・1947年(昭和22年)8月14日生
はよく知られるところです。

先日台風が通過した翌日、友達3人で、
かねてから予定していた、「とっとり花回廊」に向かいましたが、
風が強く急遽、境港にある水木しげる記念館に行くことにしました。

最初に、水木しげるロードで妖怪たちを見ることにしました。

人気のゲゲゲの鬼太郎は、NHKの朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」
でも放映されご存知の方も多いと思います。

s-IMGP1802.jpg s-IMGP1770.jpg

s-IMGP1761.jpg s-IMGP1759.jpg

そこで、ゲゲゲの鬼太郎・ねずみ男、砂かけ婆(すなかけばばあ)
に会いました。

3人とも、とても愛嬌がよく、特に砂かけ婆(すなかけばばあ)は、
最初は、顔も体格も怖いほどでしたが、握手した手がとても暖かかった。

すっかり妖怪の世界に入り込んで、記念写真もバッチリ!!
「記念写真を撮りますね」っと、言うと
それぞれポーズを撮ってくれました。

s-IMGP1801.jpg s-IMGP1778.jpg

s-IMGP1798.jpg

フジテレビ系「水木しげるのゲゲゲの怪談」(年内放送予定)で
タレントのLiLiCoさんが、「砂かけばばあ」を演じるそうですが
ちょっと興味ありますね!

s-IMGP1766.jpg s-IMGP1771.jpg


この日、妖怪に合ったのは、境港駅から水木しげる記念館までを
散策している間です。

たくさんの妖怪に出会い、
久しぶりに童心に返ったようでした。


たくさんの、妖怪のブロンズ像が立ち並ぶ「水木しげるロード」は、
JR境港駅前から水木しげる記念館までの徒歩約10分の間です。

道の両側に鬼太郎をはじめとする153体の妖怪のほか、
妖怪神社、河童の泉、妖怪の街灯、その他鬼太郎グッズを
揃えたショップなどが並んでいます

800メートルの通りは、
親子連れ・カップルなど、誰でも気軽に楽しめる所です。


次回は、水木しげる記念館の様子をお知らせします。
     → 水木しげるの記念館


              季節の花便り 四季の花とくらしTOPへ戻る



倉吉・白壁土蔵群(ゆっくりと時間が流れる・懐かしい風景)

 
鳥取県のちょうど真ん中に、倉吉市があります。
きょうは、自然豊かな城下町・倉吉市にある、白壁土蔵群のご紹介です。


倉吉駅からバスで15分位行った所にある、
倉吉市役所のすぐ横に、打吹山がありその麓には、打吹公園があります。

打吹公園はみんなの憩いの場所で、春の桜から始まり、
新緑、ツツジ、紅葉、椿と四季折々に、楽しめる場所となっています。

公園内には子供達に人気のミニ動物園もあり、
訪れた日はちょうど遠足でしょうか、保育園の子供達で活気ずいていました。


その打吹公園を少し下った所に、目的地・白壁土蔵群があります。
韓国ドラマ「アテナ戦争の女神」のロケ地にも登場したので、
韓国ドラマファンには、ご存知の方もあるかも知れませんね?

2013 6 14 022 s-IMGP0668.jpg

ここ白壁土蔵群は、
以前にも、一度来たことがあるので今回で2度目。
ここに来ると、ひなびた昔懐かしい雰囲気で、
まるで、別世界に来ているような・・・
時間が止まったような・・・
何か取り残されたような・・・・
なんとも不思議な気持ちになるのは私だけでしょうか?

s-2013 6 14 027 s-2013 6 14 026

この白壁土蔵群は、、赤瓦1号館から始まって、全部で12軒あります。
大正時代に建てられた、醤油の仕込みに使われていたものを
改装されたと言う1号館は、古さをそのまま生かして、1階には
地元の特産品やお土産用品が並べられ
2階には、工芸品や体験コーナーがあります。

1軒ずつ回って見ていると、
工芸品や民芸品など昔から伝わるお店が多く、
のんびりとした光景は、何とも子供の頃の昔に
タイムスリップしたような感覚に囚われます。

s-IMGP0663.jpg s-IMGP0664.jpg

玉川沿いに並ぶ、土蔵には,1枚石で出来た石橋が渡してあり、
そこへ各お店や工房が並んでいます。

また、
あちこちにある、木彫りの福の神、これからもずっと
幸運でいられますようにお願いしました。

s-IMGP0666.jpg s-2013 6 14 019


相撲の事は、余り詳しくないのですが、
倉吉市出身の第53代横綱 琴櫻記念館もありました。
現役時代の化粧廻しなど沢山展示してあり、
相撲ファンにとっては、一度は行って見たい所でしょう。

忙しい現代社会になって、忘れかけていた古い良き時代を
思い起こす・・・・・
時にはこんな静かな時間も必要かも知れません。

倉吉市の白壁土蔵群は、あなたの気持ちを癒す、
絶好の場所だと思います。





場所
倉吉市新町1丁目、東仲町、魚町、研屋町周辺

倉吉白壁土蔵群・赤瓦観光案内所
TEL 0858-22-1200


               季節の花便り 四季の花とくらしtopへ戻る



鳥取砂丘冬季イベント“鳥取砂丘イリュージョンX”

 
鳥取砂丘冬季イベント“鳥取砂丘イリュージョンX”

山陰最大の光の祭典 ”鳥取砂丘イリュージョン”
12月に入ると各地の、イルミネーションが話題になりますが、
ここ鳥取県でも鳥取砂丘で冬季イベントとして
“鳥取砂丘イリュージョンX”が開催されました。

今年で10回目となる、鳥取砂丘イリュージョンのテーマは、「光の序章」で、
12月12日(水)から12月24日(月)まで。

       IMGP0824.jpg
   

風は冷たいものの、よく晴れた20日、友達の運転で出かける事にしました。
お昼過ぎに2人と待ち合わせ、近くのレストランで遅い昼食を済ませ、
いざ、鳥取砂丘に、出発。

5時30分からの開催なので、先に砂の美術館を見学して、その後
鳥取砂丘イリュージョンの開催される、真ん前の喫茶店で、
おしゃべりをしながら、時間になるのを待ちました。

5時30分 約24万個の電球が一斉に点灯。
華やかに浮かび上がる、まばゆいばかりの光の世界は圧巻そのもの・・・・。

綺麗! 素敵! 素晴らしい!

目の前で繰り広げられる、
赤や白・緑や黄色・色とりどりの豪華絢爛に輝くイルミネーションが
幻想的な世界へと、いざないます。

瞬時に変わる高さ13メートルの「トラスタワー」を、デジカメに収めようとしても
あまりの速さに、思うようなカラーに取ることが出来ませんでした。

IMGP0828.jpg IMGP0834.jpg




また、鳥取砂丘は風が吹くたびに変わる風紋で有名ですが、
鳥取砂丘イリュージョンの期間は、
鳥取砂丘内の通称「馬の背(砂丘の丘陵部分)」も
4基の投光機によって照明も行っていて、砂に浮かび上がる
陰影を楽しむ事も出来ます。


季節の花便り 四季の花とくらしトップに戻る


紅葉狩り|自由気まに島根の旅

 
紅葉狩り|自由気まに島根の旅

友達3人で紅葉狩りと洒落てみました。
11月22日前日の雨もカラリと上がり、気持ち良い旅行日和!!
車で3時間、島根県の、鰐淵寺と出雲大社、島根ワイナリーに行きました。
目的は、鰐淵寺(がくえんじ)の紅葉狩り。
 
鰐淵寺は、島根県出雲市別所町にある天台宗の寺で、
推古2年(594年)に智春上人が天皇の眼病平癒を祈願し、
建設されたといわれています。

また、武蔵坊弁慶がこの寺で3年間修行した後、
姫路の書写山へ移り、やがて比叡山に登ったと伝えられています。

IMGP0743.jpg IMGP0767.jpg

IMGP0758.jpg IMGP0753.jpg

  
いろはもみじが深紅に染まり、風が吹くたびはらはらと舞い落ちます。
本堂までの参道が、落ち葉で彩られ、
あまりの美しさに感動の連続でした。

IMGP0773.jpg IMGP0772.jpg

 
綺麗な紅葉に感動して、
次に向かったのは、出雲大社。
旧暦10月は「神無月」で、全国の神様が出雲大社に集まる、
出雲大社の“神々のお集い”は、11月23日夕刻~11月30日夕刻
私たちが行ったのは22日で、前日とあって、とても混雑していました。

IMGP0776.jpg IMGP0786.jpg
 
次に、島根ワイナリー、
美味しいワイン試飲させて戴きました。
ここで、お家へのお土産を、買いました。




            季節の花便り 四季の花とくらしトップに戻る



鳥取県大山の麓にある天然酵母パン「コウボパン 小さじいち」

 
鳥取県大山の麓にある天然酵母パン「コウボパン 小さじいち」

10月初旬のよく晴れた日、息子と東京から帰省中の娘の3人で、
天然酵母パンで有名な「コウボパン 小さじいち」に出かけました。

ここ「コウボパン 小さじいち」は、鳥取県大山の山の麓、
標高400mにあり、空気は美味しく清清しい気分ちになりました。

兵庫県でパン屋さんをされていたご夫婦が大山の大自然に惚れ込み 
こちらに移住そしてパン屋さんを開かれたそうです。

IMGP0653.jpg IMGP0651.jpg

IMGP0658.jpg IMGP0659.jpg


とっても美味しいと評判の「天然酵母パン 小さじいち」のパンは、
自家製天然酵母に、大山産小麦はもとより、天然酵母と相性の良い岩手県産小麦粉と
福島県産小麦粉をパンの種類によって使い分けるという、素材にこだわり、それを
じっくりと自然の力だけで発酵させて焼き上げています。

今回、息子は、パンプレートのセットで、パンのお代わりが出来ます。
娘と私は、好みのパンと飲み物を注文しました。
パンは、その場で焼いて、熱々を提供して戴きました。
澄んだ空気と美味しい水が育てる天然酵母パン噛むほどに深い味わいが広がります。

大山は、これから紅葉が美しい季節です。
紅葉狩りの途中に、また絶好の景色を眺めながら美味しいパンは、いかが?


「小さじいち」は、営業日を確認してからが安心です。
毎週水曜日から土曜日の4日間 午前11:00から午後4:00まで。
1月から3月は大山の店舗は冬季休業。
冬季休業の間は米子・松江・関西など各地で営業。
689-4213 鳥取県西伯郡伯耆町金屋谷1713-1
    TEL&FAX/0859-68-6110


季節の花便り 四季の花とくらしトップに戻る


北条オートキャンプ場とジェラート

 
北条オートキャンプ場とジェラート

先日、車で20分位走った所にある、北条オートキャンプ場へ
出かけました。

ここは、夏には、大勢のキャンプをする人で、賑わいます。
国道9号線のすぐ近くで海岸沿いでもあり、すぐ傍で野菜も販売しているし、環境も良く
キャンプをするには、とてもよい条件です。

IMGP0360.jpg IMGP0362.jpg

IMGP0361.jpg 


その北条オートキャンプ場へ何をしに出かけたかと言うと、

それは、 ジェラート!!

ここの、ジェラート、美味しいんです。

まだ、学校は夏休みでもないのに、普通の日なのに、とても
賑わっているのは、ほとんどの人の目的はこのジェラートなんです。
写真の道をずーと奥に進んだ所のこじんまりとした赤い屋根の左側の建物です。

中には、椅子もテーブルもなく、買ったら外で食べます。
 
IMGP0359.jpg

暑い日でその上沢山の人で、食べる椅子を確保するのにちょっと
大変だったけど、ジェラートはとっても美味しかった!!

たくさん種類があるので、
お店の人に、”どれがオススメ?” って聞いたら、”ミルクです”
って事で、ミルクを戴きました。


               季節の花便り 四季の花とくらしトップへ戻る



鳥取県・東郷温泉の足湯

 
鳥取県・東郷温泉の足湯に行きました。

先日の午後 急に思いついて、車で30分位のと所にある
鳥取県の東郷湖のそばにある、足湯に出かけました。

気が向いた時や、倉吉に買い物に出た時に、時々立ち寄る
のですが、とても気持ちがいいものです。

の~びり・・・ゆ~たり・・・静かに時が流れます。
時々は、賑やかに社交場になる事もありますが・・・・。

    12-05-11_001.jpg  12-05-11_002.jpg

この前に行った時には、道中のスーパーで卵を買って行き、
足湯に浸かっている間に、温泉卵を作りました。

持ち帰った温泉卵、早速天だしをかけて食べました。
美味しかった!!

また、ここ東郷湖の湖岸で冬季の味覚の白魚が採れます。
1月から4月の終わり頃まで、白魚を採る人で湖岸が賑わいます。

特に、土、日曜日は、それぞれにタモ(魚を取る網)と、バケツを
手にした、親子連れなどが入れ替わり、立ち代り訪連れます。

その時期は、のんびりその風景を見ながら、足湯につかっています。


それに、運が良ければ、白鳥に合えるかも・・・・・。
この2羽の白鳥、一年中この湖にいます。

          11-04-15_001.jpg

この2羽の白鳥は、とても人になれていて、近くに行っても
平気で、逃げません。
そのため、ここでは、白鳥が真近に見られます。




       季節の花便り 四季の花とくらしトップへ戻る





春爛漫・満開の桜

 
花いっぱいの季節になりました。

春の始めはなんと言っても桜。
今年は、強風が何回も吹き荒れ、桜の花も、アット言う間に散り
葉桜になってしまいました。

それでも、暖かい日を選んで、3回もお花見に行きました。

中でも、倉吉市八屋にある極楽寺のしだれ桜は、素晴らしい!!

        12-04-12_007.jpg   12-04-12_012.jpg

極楽寺のしだれ桜はイトザクラで、樹齢は約140年。
樹高16メートル、幹周り3.5メートルの県内最大のしだれ桜という事で、
次々と訪れる人もしだれ桜の美しさを、堪能していました。




次のよく晴れた日、歩いて20分位の所にある、琴浦町・一畑公園に、
知人とのんびりと歩いて出かけました。

途中の、マーケットで、お弁当とお茶を買って、お喋りを楽しみながら・・・。

        10-04-05_001.jpg 11-04-12_008.jpg

一畑公園に到着して、驚いてしまいました。
今、正に満開!!  美しい!!  素晴らしい!!

圧倒されるくらい、き・れ・い・


でも。。。。誰もいない????

この美しさ、もっと多くの人に、見て欲しい!
私たち2人だけでは、勿体無い!

琴浦町のシンボルである桜の花・・・  
沢山の人であふれ、この美しさを共有出来たらいいのに・・・。

琴浦町はこの他、船上山や、家畜牧場、上法万の山桜など、
桜の名所があります。




4月も終盤の27日岡山県の、がいせん桜を見に出かけました。
吉野桜はもう散っていましたが、八重桜が、見ごろでした。

        12-04-27_001.jpg 12-04-27_004.jpg


花が大好きで、趣味でガーデニングを楽しんでいます。
花を育てることの難しさや、大変さは、花々がいっせいに
花開いた時に感動に変わります。



               季節の花便り 四季の花とくらしトップへ戻る





≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。