スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

鳥取砂丘 砂の美術館

 
鳥取砂丘 砂の美術館

鳥取砂丘に入ると、すぐ右側にある「鳥取砂丘 砂の美術館」は、
2006年に第1回目砂の彫刻「砂像」の展示が開催されてから、
今年で第5期になります。

第5期展示テーマ は、
「砂で世界旅行・イギリス」~語り継がれる大英帝国の繁栄と王室の誇り~

           IMGP0826.jpg


今年は、夏にロンドンオリンピックが開催されたイギリスがテーマとなっています。
ウェストミンスター宮殿やウィンザー城といった歴史的建造物、エリザベス1世やシェイクスピア、
ニュートンなど、イギリス史上に名を残す偉大な人物を題材とした16作品が展示されています。
砂像を展示する美術館としては世界で初めての屋内展示施設です。

中に入ると、圧倒されるような大作で、驚きの連続でした。
普段手ですくうと、指の間からサラサラとこぼれ落ちる砂から、
こんなにしっかりと固められ、大きな作品が、作られる事が、不思議でした。
しかし、この砂像は、砂と水だけで作られているそうです。

IMGP0810.jpg IMGP0812.jpg
IMGP0815.jpg IMGP0816.jpg


砂像は、砂と水だけで作られていますが、どのようにして
あんなに大きな作品が、作られているかご存知ですか?

それはまず、作りたい大きさの木枠の中に、砂をいっぱい入れます。
次にその中の砂と同じ位の水をかけて充分に混ぜます。
水が引いたら、専用の道具を使って上から砂を押し固めます。
そうするとしっかりと硬い塊が出来ます。

この土台の上に、また同じように砂と水を入れ混ぜ押し固める・・・・
を繰り返して作りたい大きさの塊になったら木枠を外します。

この塊にスコップやコテ・ペインティングナイフを使って
砂像を作ります。
砂の彫刻「砂像」はこのように、目に見えない所での苦労が実って
皆に感動されるような、立派な作品が出来上がるのですね!!


展示期間  2012年4月14日~2013年1月6日
開館時間  9:00~20:00(最終入館19:30まで)
休館日   展示期間中:無休
観覧料   一般600円、小中高校生300円
       ※ 団体20名以上で、一般500円、小中高校生200円
       ※ 障害者手帳を所持している方は、無料です。




                   季節の花便り 四季の花とくらしトップに戻る









関連記事
スポンサーサイト

鳥取砂丘冬季イベント“鳥取砂丘イリュージョンX”

 
鳥取砂丘冬季イベント“鳥取砂丘イリュージョンX”

山陰最大の光の祭典 ”鳥取砂丘イリュージョン”
12月に入ると各地の、イルミネーションが話題になりますが、
ここ鳥取県でも鳥取砂丘で冬季イベントとして
“鳥取砂丘イリュージョンX”が開催されました。

今年で10回目となる、鳥取砂丘イリュージョンのテーマは、「光の序章」で、
12月12日(水)から12月24日(月)まで。

       IMGP0824.jpg
   

風は冷たいものの、よく晴れた20日、友達の運転で出かける事にしました。
お昼過ぎに2人と待ち合わせ、近くのレストランで遅い昼食を済ませ、
いざ、鳥取砂丘に、出発。

5時30分からの開催なので、先に砂の美術館を見学して、その後
鳥取砂丘イリュージョンの開催される、真ん前の喫茶店で、
おしゃべりをしながら、時間になるのを待ちました。

5時30分 約24万個の電球が一斉に点灯。
華やかに浮かび上がる、まばゆいばかりの光の世界は圧巻そのもの・・・・。

綺麗! 素敵! 素晴らしい!

目の前で繰り広げられる、
赤や白・緑や黄色・色とりどりの豪華絢爛に輝くイルミネーションが
幻想的な世界へと、いざないます。

瞬時に変わる高さ13メートルの「トラスタワー」を、デジカメに収めようとしても
あまりの速さに、思うようなカラーに取ることが出来ませんでした。

IMGP0828.jpg IMGP0834.jpg




また、鳥取砂丘は風が吹くたびに変わる風紋で有名ですが、
鳥取砂丘イリュージョンの期間は、
鳥取砂丘内の通称「馬の背(砂丘の丘陵部分)」も
4基の投光機によって照明も行っていて、砂に浮かび上がる
陰影を楽しむ事も出来ます。


季節の花便り 四季の花とくらしトップに戻る


関連記事

もみじの押し葉の楽しみ方

 
紅葉の葉の押し葉の楽しみ方いろいろ

もみじの紅葉した美しさには、とても感動します。
その美しさを写真に収めて、思い出として残します。

、時にはこんな思い出の仕方は如何でしょうか?
私は毎年、恒例になっている紅葉がりの時、思い出に持ち帰った紅葉の
葉を、押し花にして、年末の障子貼りの時に障子に貼っていました。

今年は、この間、島根の鰐淵寺 に行きましたが、
その時、綺麗な紅葉の落ち葉を沢山拾って来ました。

        IMGP0742.jpg

その時の、紅葉の押し葉をいろいろのものに、貼り付けて楽しんでいます。
これは、障子に貼ったものです。

IMGP0793.jpg IMGP0790.jpg

階段下のランプにも、ご覧のとうり、ちょっと素敵でしょう?

あと小さい葉は、しおりにも出来ます。
作り方は、至って簡単!!
厚紙に紅葉の葉の押し葉をボンドで貼り付け、その上から
透明のガムテープを貼り付けて、パンチで穴を開け、リボンを通すだけ!!
あっという間にできてしまいます。

IMGP0794.jpg IMGP0800.jpg

また、四季の花を押し花にして、色紙に貼って楽しんでいます。
写真は、今年の夏に作ったものです。
下手ですが、アリッサムと黄花コスモスです。

          IMGP0801.jpg

季節ごとに作った押し花は、乾燥剤を沢山入れたタッパーに入れて
保管して、暇なときに、楽しみながら、作品を作っています。

あなたも旅の思い出を持ち帰り、それを押し花にして見ては?
これまでと違った世界が見えるかも・・・・・・・。



           季節の花便り 四季の花とくらしトップに戻る



関連記事

紅葉狩り|自由気まに島根の旅

 
紅葉狩り|自由気まに島根の旅

友達3人で紅葉狩りと洒落てみました。
11月22日前日の雨もカラリと上がり、気持ち良い旅行日和!!
車で3時間、島根県の、鰐淵寺と出雲大社、島根ワイナリーに行きました。
目的は、鰐淵寺(がくえんじ)の紅葉狩り。
 
鰐淵寺は、島根県出雲市別所町にある天台宗の寺で、
推古2年(594年)に智春上人が天皇の眼病平癒を祈願し、
建設されたといわれています。

また、武蔵坊弁慶がこの寺で3年間修行した後、
姫路の書写山へ移り、やがて比叡山に登ったと伝えられています。

IMGP0743.jpg IMGP0767.jpg

IMGP0758.jpg IMGP0753.jpg

  
いろはもみじが深紅に染まり、風が吹くたびはらはらと舞い落ちます。
本堂までの参道が、落ち葉で彩られ、
あまりの美しさに感動の連続でした。

IMGP0773.jpg IMGP0772.jpg

 
綺麗な紅葉に感動して、
次に向かったのは、出雲大社。
旧暦10月は「神無月」で、全国の神様が出雲大社に集まる、
出雲大社の“神々のお集い”は、11月23日夕刻~11月30日夕刻
私たちが行ったのは22日で、前日とあって、とても混雑していました。

IMGP0776.jpg IMGP0786.jpg
 
次に、島根ワイナリー、
美味しいワイン試飲させて戴きました。
ここで、お家へのお土産を、買いました。




            季節の花便り 四季の花とくらしトップに戻る



関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。