スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

ゲゲゲの鬼太郎に会って来ました。

 
鳥取県は、漫画家が多いのをご存知ですか?

昨年(2012年、)は第13回 国際マンガサミット鳥取大会
があり、「まんが王国とっとり建国記念」と題して
8月4日~11月25日の4ヶ月に渡って、
各国から約400人の漫画家が集まって開催されました。

鳥取県出身の漫画家の中でも、
ゲゲゲの鬼太郎で有名な水木しげる、
   本名・武良茂・境港市出身・1922年(大正11年)3月8日生
名探偵コナンの青山剛昌
   本名・青山剛昌(よしまさ)・大栄町出身・1963年(昭和38年)6月21日生
事件屋稼業の谷口ジロー
   本名・谷口治郎・鳥取市出身・1947年(昭和22年)8月14日生
はよく知られるところです。

先日台風が通過した翌日、友達3人で、
かねてから予定していた、「とっとり花回廊」に向かいましたが、
風が強く急遽、境港にある水木しげる記念館に行くことにしました。

最初に、水木しげるロードで妖怪たちを見ることにしました。

人気のゲゲゲの鬼太郎は、NHKの朝の連続テレビ小説「ゲゲゲの女房」
でも放映されご存知の方も多いと思います。

s-IMGP1802.jpg s-IMGP1770.jpg

s-IMGP1761.jpg s-IMGP1759.jpg

そこで、ゲゲゲの鬼太郎・ねずみ男、砂かけ婆(すなかけばばあ)
に会いました。

3人とも、とても愛嬌がよく、特に砂かけ婆(すなかけばばあ)は、
最初は、顔も体格も怖いほどでしたが、握手した手がとても暖かかった。

すっかり妖怪の世界に入り込んで、記念写真もバッチリ!!
「記念写真を撮りますね」っと、言うと
それぞれポーズを撮ってくれました。

s-IMGP1801.jpg s-IMGP1778.jpg

s-IMGP1798.jpg

フジテレビ系「水木しげるのゲゲゲの怪談」(年内放送予定)で
タレントのLiLiCoさんが、「砂かけばばあ」を演じるそうですが
ちょっと興味ありますね!

s-IMGP1766.jpg s-IMGP1771.jpg


この日、妖怪に合ったのは、境港駅から水木しげる記念館までを
散策している間です。

たくさんの妖怪に出会い、
久しぶりに童心に返ったようでした。


たくさんの、妖怪のブロンズ像が立ち並ぶ「水木しげるロード」は、
JR境港駅前から水木しげる記念館までの徒歩約10分の間です。

道の両側に鬼太郎をはじめとする153体の妖怪のほか、
妖怪神社、河童の泉、妖怪の街灯、その他鬼太郎グッズを
揃えたショップなどが並んでいます

800メートルの通りは、
親子連れ・カップルなど、誰でも気軽に楽しめる所です。


次回は、水木しげる記念館の様子をお知らせします。
     → 水木しげるの記念館


              季節の花便り 四季の花とくらしTOPへ戻る



関連記事
スポンサーサイト

鳥取県・琴浦町光地区のこて絵(鏝絵)

 
こて絵(鏝絵)って知ってますか?
こて絵は、左官職人が顔料の入った漆喰を使い、筆の代わりに
鏝で絵を描いたもので漆喰装飾の一技法です。

民家や土蔵の壁に鏝で立体的な彫刻を施した装飾画は
福を招く縁起物や身近な動物や空想上の獣などが
表現されていて、
家内安全や無病息災などの願いがが込められています。

こて絵は、江戸末期から伝わる伝統的な手法で、
高松古墳や法隆寺の金堂の壁画にも施されている
古くから伝わる技法です。

全国で、約3000カ所あると言われる鏝絵が
琴浦町の光地区に数多くあります。
48戸の集落のうち24棟に鏝絵が密集しているのは全国的にも珍しいそうです。

s-IMGP1714.jpg

我が家から20分位の所にある、琴浦町の光地区に行って見ました。
のどかな田園風景を眺めながら、車でしばらく走ると光地区に到着しました。

駐車場から歩いて集落をぐるっと一回り。
出会った人に尋ねながら、写真を撮りました。
土蔵の扉に鶴や亀などの縁起物が多く見られました。

s-IMGP1711.jpg s-IMGP1709.jpg

s-IMGP1712.jpg s-IMGP1708.jpg

s-IMGP1710.jpg

浮き彫りにされたどの鏝絵も、
とても素晴らしく芸術作品です。
こて絵は、江戸末期から伝わる伝統的な手法です。
はるか昔の江戸時代の人もこれと同じような
こて絵を見ながら生活していたとは・・ちょっと不思議な気持です。

今日は、鳥取県・琴浦町光地区の鏝絵(こて絵)のご紹介でした。


    季節の花便り 四季の花とくらしトップヘ戻る



関連記事
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。