スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

東伯郡琴浦町 海に向かって立つ勇姿 『波しぐれ三度笠』

 
我が家から車で海沿いの道を10分ほど西へ走ったら琴浦町赤崎に着きます。
そこに『菊港』と呼ばれる港があります。

この港は、琴浦町箆津にある国の重要文化財『河本家住宅』で知られる、
河本家の菊姫の子孫が江戸時代にこの港を構築したと言われています。

s-IMGP2870.jpg


菊港は湾を囲んで、東堤と西堤があり、
その東堤の入口に『菊姫橋』があります。

実は、『菊姫橋』を渡った先端日本海に突き出した防波堤の先に
立っているのが、人気のスポット『波しぐれ三度笠』です。


 s-IMGP0410.jpg
   

『波しぐれ三度笠』は、世界的に有名な彫刻家流政之氏の彫刻です。
三度笠の旅姿で、3人の旅人が北東に向かって立っています。

海の安全を願って建てられたのでしょうか?

とくに気候の激しい日本海の荒波に向かって立つ旅姿は、
とても凛々しくも勇ましくも見えます。

そして、夏の静かな海に立つ姿は、何か安らぎを感じます。

見る人の感情で、どんな表現にも見える不思議な石像です。

この彫刻は、1989年に白御影石で作られ、高さが4.33m
奥行き6.6m 幅7.6mで、近くで見上げるとひっくり返る位
大きな彫刻です。


s-IMGP2871.jpg


先日訪れた時は、波は穏やかで、釣りを楽しむ人や、見学に来る人
また、夕方なので散策の人で賑やかでした。
あなたも、ぜひ一度訪れて見てください。
今の時期、心地よい海風が吹いて、憩いの場にもピッタリですよ。


     季節の花便り 四季の花とくらしトップへ戻る


関連記事
スポンサーサイト
カテゴリ :琴浦風景 トラックバック(-) コメント(0)
タグ :
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。