スポンサーサイト

 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ :スポンサー広告 トラックバック(-) コメント(-)
タグ :

河本家住宅に春の一般公開に行きました。

 
琴浦町篦津にある、
河本家住宅の春の一般公開に行きました。
5月3日、以前から行って見たかった
国指定重要文化財 河本家住宅が一般公開
されている事を聞き出かけました。

親切な案内の人に導かれて、詳しい説明もして戴き
ゆっくりと見学をする事が出来、忙しい現代社会で、
思いがけなく、いにしえの世界を垣間見る事が出来ました。

s-4月4日桜 078


江戸時代の大庄屋であったと言う河本家は、
享受5年(1688年)に建築されたと言われています。

屋根は茅葺きで合掌作り、建築年代の明らかな民家としては
山陰地方で最古だそうです。
当時の当主は5代目の弥三右衛門で、
案内の人によると、主屋が300年、離れが200年前の建物だそうです。

また、大庄屋や、豪農として名を馳せた河本家には、
数千点の古文書が所蔵保管されおり、この日も
沢山の蔵書の詰まった短冊が置かれていました。

そこかしこに、当時としては、最高の技術を施されたと
思える欄間や左右に見える庭・・・・・
前庭は江戸時代中期の様式で貴重ものだそうです。

s-4月4日桜 077 s-4月4日桜 072
s-4月4日桜 067 s-4月4日桜 069
s-4月4日桜 068 s-4月4日桜 071


離れに案内して戴きました。
訪問客が多かったと思われる河本家は、やはり離れも
天井・欄間など細部に至るまで、趣向の凝らした建物でした。

s-4月4日桜 060 s-4月4日桜 049

土間に降りると古い大きなかまどがありました。
この炊事場のかまどの上を、壁土で覆った煙返しは、
防火施設として珍しいもののようです。
また、そのかまどの大きさにも驚き!!

現在でも生活しておられるのに、
ずうずうしくも、裏庭までお邪魔してしまいました。

当時を忍ばせる、大きくて立派な蔵が2つ並んで
当時の名残をとどめていました。

s-4月4日桜 075 s-4月4日桜 076


昭和49年鳥取県有形保護文化財、
平成10年鳥取県建物百選、
平成22年国指定重要文化財

 

               季節の花便り 四季の花とくらしトップへ戻る




関連記事
コメント












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
トラックバックURL:
http://sikinohana7.blog.fc2.com/tb.php/43-9586d5e0
≪ トップページへこのページの先頭へ  ≫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。